ファッション誌、WEBメディア等で活躍中の人気スタイリスト、
“川上 さやかさん”と、SONOのコラボアイテムが登場!

定番だからこそ、更新しましょう!

一枚で着る、インナーとして着る、さらっと上に羽織るなど、
私たちのワードローブに欠かせない“シャツ”

アイテム自体は定番と呼ばれるものはあっても、
その形に定番は決してないと断言する川上さん。
そこで、定番アイテムのシャツに注目してみました。

“今っぽさ”をきちんと捉えながらも、着回ししやすい本当に使えるシャツとは…!?

SHIRT バサッとBASIC スタンダードシャツ
さらっと とろみ とろみサテンシャツ
ハンサム スタンドカラー ユースフルシャツ
いい女風シルエット

肉感を拾わないタイトスカート。 立体的なシルエットとニットライクな生地感が美シルエットの秘密。 女性らしさをプラスするために長さをとり、サイドにスリットを。 リブの太さが絶妙で上品見え。

リブスクエアスカート
旬顔クール

レギンス感覚で履けるレザーパンツ。 フェイクレザーだから実現できる軽さや薄さで履きやすい。 バック部分に接ぎを入れて、立体的な美シルエットに。 シャツの良さを引き立ててくれます。

ECOレザーレギンス BOTTOMS
STYLIST

スタイリスト

川上 さやかSayaka Kawakami

雑誌「Oggi」「BAILA」など様々な女性ファッション誌を中心に、
WEBメディア、カタログで活躍する人気スタイリスト。
初の著書「オシャレになりたかったら、トレンドは買わない」(講談社刊)が発売中。
息の根が長くコストパフォーマンスの良いアイテム選びや、
リアリティのあるスタイリングで品の良い大人の女性スタイルが得意。

STYLE 01

バサッとBASIC

今っぽいシャツに必須な「バサッと感」
形を保ちやすいシャカシャカした素材感のBASICシャツ。
肩のラインを落としてこなれた雰囲気を。
コンサバにならないように、ややワイドシルエットにしました。
第一ボタンと第二ボタンの間隔にもこだわり、理想のV開きに。

STYLE
STYLE 01
St.Kawakami's Point

シャカシャカした素材感のシャツとレザーパンツを合わせる事によって、ギラギラ感がでません。レザーパンツを履くときは足元を外して素足を見せると抜け感があって丁度良いバランスに。ヒールはNG。素肌が見えるようにジップは上げてください。レザーパンツを履くときは上半身にボリュームを持っていくとバランスがとりやすいです。

STYLE 02
St.Kawakami's Point

このシャツは一番下のボタンをあえて外すと立体感がでます。 上半身の立体感が出ることによって、スカートのタイトさがより引き立ちます。 袖はまくって程よいラフ感とわさっと感。 コンパクトなボトムの時は、逆三角形を意識するとバランスが良くなります。 やりすぎないカチッと感のあるコーディネート。

STYLE CHANGE
01
02

STYLE 02

さらっと とろみ

シャツのストレスイメージを取り払って、リラックスできるシャツを目指しました。リゾートなどにも着ていけるイメージで、ラフ感を出すために素材とV開きにこだわりを。
ヘルシーな開襟と肌に沿うようなとろみ素材を慎重に選びました。
洗い加工を施しており、シワになっても気にならず、洗っていくほど良い感じのくたっと感が出ます。

STYLE
STYLE 01
St.Kawakami's Point

ブラウン×くすみカラーは相性が良いので、ぜひ挑戦してみてほしい組み合わせです。 ニュアンス×ニュアンスでオシャレフェミニンなコーディネート。 ブラウジングして上半身にゆとりを持たせて大人の余裕を。

STYLE 02
St.Kawakami's Point

ニットライクなスカートはカジュアルなアイテムですが、ダークトーンを選べばキレイめにも合います。Ⅴ開きやスカートのスリットで肌見せを意識しつつ、全体の色味を抑える事によって、嫌みのない女っぽさ。

STYLE CHANGE
01
02

STYLE 03

ハンサム スタンドカラー

今回のシャツ企画の中で一番マニッシュなシャツ。
スタンドカラーや長めのカフスで、ファッショナブルな印象に。
ウエスト、ヒップ周りが隠れる丈感と、ストライプ柄のおかげで着やせ効果抜群。シャツの特性を活かしたかっちり感もきちんとあり、大人カジュアルのバランスをとってくれるようなイメージで作りました。レザーパンツはもちろん、トレンドのニットパンツなどにも合わせてみてください。

STYLE
St.Kawakami's Point

ONスタイルよりのストライプ×スタンドカラーのシャツを、 アウトしてスニーカーを合わせ大人カジュアルに。 柄のストライプ+スキニーパンツでIラインを作り、 着やせを狙っています。

コラボアイテムの着回し力を活かして、SONOの新作アイテムとスタイリング。
ベーシックなアイテムだからこそ、フェミニンなSONOとのバランスが絶妙。

SONO ITEM STYLE

ジャンスカのインナー使いで清潔感のあるきちんとスタイルに。 フェミニンなジャンスカとハンサムなシャツの甘辛MIXが新鮮。

デザイントップスと腰高タイトスカートでスタイルアップ! 裾スリットの程よい肌見せで女性らしさを演出。

定番のユーティリティパンツを合わせて、 気取らないオフィススタイルに。 美シルエットのシャツだから、 ワンツーコーデも様になる!

SONO ITEM STYLE

デニムと合わせて大人のリラックス感。 とろみシャツだからこそ、周りと差がつくスタイルに。

フレアトップスには、すっきりタイトスカートが好バランス。 モノトーンでまとめてセットアップ風に。

爽やかなシャツワンピに合わせるなら、 この春はレザーレギンスでスパイスを。 足元はスニーカーでアクティブに。

STYLING ITEM

スタンダードシャツ

ユースフルシャツ

ユーティリティパンツ

リブスクエアスカート

とろみサテンシャツ

ユースフルシャツ

とろみサテンシャツ

ユースフルシャツ

スタンダードシャツ

リブスクエアスカート

ECOレザーレギンス

エアリィ ジャンスカ

PAGE TOP